ホーム > 症状別一覧

症状別

肩の凝り

首すじや首のつけ根から、肩から背中にかけての筋肉の緊張・疲労によって生じます。
パソコンなど、首や背中が緊張するような姿勢での長時間の作業を連続して行ったり、姿勢が悪かったり等の理由で生じます。

日常的に同じ姿勢を長く続けない・肩周囲を温めたり動かしたりして、血液循環を良くしておく等、気をつけることが大切です。肩や首・背中のマッサージや、入浴などの温熱療法、筋肉をつけるための運動療法を行います。
ひどい場合には、安静や薬物療法が必要になることもあります。

痺れ

手足に痺れがある場合、痺れの程度や持続時間・部位や範囲によって、ある程度疾患の予測がつきます。親指・人差し指・中指と薬指の親指側半分だけがしびれている場合であれば、手根管症候群が疑われますし、手の甲や腕がしびれている場合は、頚椎の病気が疑われます。

両手足がいずれも痺れる場合には、頚椎の病気だけでなく、末梢神経の病気である可能性もあります。ただし、手足の片方のみが痺れていたり、気持ち悪さや頭痛などを伴ったりする場合は、脳障害の可能性もあります。寝相などによって一時的な血行不良のために生じた痺れであれば心配ありません。

ぎっくり腰(突発性腰痛症)

急に重いものを持ち上げたり、過剰な運動をしたりしたとき、またはくしゃみをしたときなど、何かをきっかけに腰に身動きできないほどの激痛が起こることをぎっくり腰といいます。

腰部の筋肉が急性的に障害・炎症を起こしている状態です。
とくに受傷直後は無理をせず、ある程度痛みが消えるまで安静にすることが必要です。

椎間板ヘルニア

背骨と背骨で間のクッションの役割を果たしている椎間板という組織の中の一部がはみ出し、周囲にある神経を圧迫するために起こる障害です。

原因はさまざまですが、スポーツや力仕事等外部からの衝撃で起こる場合もあります。とくに若い層では坐骨神経痛を併発するケースもあります。

脊椎すべり症

脊椎すべり症

背骨の後ろ側にある突起に外力が加わることにより、背骨が分離してしまう病気です。

脊椎そのものがずれてしまっているため、慢性的な腰痛や下肢の痛みを引き起こしやすくなります。
若いころに激しいスポーツをしていた人に多くみられる症状です。

膝の痛み

膝の痛みを抱えている中高年は多く、高齢になるほどその比率は高くなります。男女比は1:4で女性に多くみられます。
発症当初は、動作の開始時のみに痛みや違和感が出現し、休むことで回復しますが、進行するに従い正座や階段の上り下りといった動作が難しくなり、進行すると常に痛みがとれず、最悪の場合膝の形そのものが変形してしまうこともあります。

原因は、肥満や遺伝のほかに、加齢があげられます。若いころは何ともなくても、加齢とともに膝関節の軟骨の弾力性がなくなってすり減ってしまうこともしばしばです。

痛みのない程度に、太もも前面の筋肉を鍛えたり、中腰などの膝に負担のかかる動作を行わないようにしたりします。また、肥満の場合は減量する必要があります。

捻挫

足の捻挫は、外傷の中でも頻度が高いといわれています。転んだときや急激な動作を行ったときなど、瞬間的に外力が強く加わった際に起こりやすく、損傷した部分を中心に炎症が生じ痛みを伴います。

軽いものであれば安静によって症状が落ち着きますが、靭帯が断裂してしまった場合は、適切な治療をしないと関節の正常な機能が失われてしまうこともあります。

治療の基本はギプスなどによる固定がメインとなります。
ある程度軽快したらその後、早期歩行などのリハビリを行う必要があります。

外反母趾

外反母趾

足の母指が人差し指側に曲がり、そのため親指つけ根の関節が突き出してくる症状です。

しばしば突出部が靴などにこすれて炎症を起こしたり、痛みを伴ったりします。つま先の狭い靴を履いてばかりいると起こりやすいですが、生まれつき親指が人差し指より長かったり、扁平足ぎみであったりする場合は、外反母趾のリスクが高まると考えられています。

ほかにも肥満や筋力低下なども原因の一つとなります。予防や治療として、先がゆったりとした靴を選び、これ以上進行させないようにします。そのうえで、足指じゃんけんなどを行い、足の指を開く訓練を行います。

偏平足

生まれつき偏平足という方の場合はあまり痛みはないようです。しかし若いころはふつうであったのに中年期にさしかかり徐々に偏平足となっていった場合では、内側のくるぶし周囲が腫れるなどの症状がありしばしば痛みが生じます。

それを放置すると、ますます変形が進み、つま先立ちがしにくくなったり、最悪の場合歩きにくくなったりといった障害が生じるようになります。

この場合、アキレス腱が硬くなっているので、そこを伸ばすようにしたストッレッチ体操をすると効果がある場合があります。またアーチサポート付きのインソールを用いると症状が軽減されます。

アキレス腱周囲炎

スポーツ障害として多いアキレス腱周囲炎は、しばしばスポーツ選手などを対象に、足の使い過ぎによって生じる頻度の高い症状です。加齢も一つの原因となるため、中年以上のランナーなどにも発症します。
また、誤ったトレーニング方法を行っていることでも発症します。

アキレス腱の回りが腫れ、押さえると痛みがあるのが特徴です。起床後の歩き始めに痛みが強いことが多く、重症の場合は安静にしていても痛むことがあります。

運動を控えて足を休ませると同時に、必要に応じ冷湿布や消炎鎮痛薬などを使用します。
運動再開は慎重に行う必要があります。

骨折

骨折

骨折は、通常骨に強い力がかかることで起こります。ただし、骨粗しょう症等で骨全体が弱っている場合は転倒などのちょっとしたことでも骨折することがあります。
また骨自体に問題がなくても、疲労骨折といって一定期間同じ場所に力がかかり続けることで骨折することもあります。

骨折は、受傷箇所や骨折の状態などによって治療方法が異なりますが、重症である場合や適切な処置を行わなかった場合には、動かせなくなったり、変形したりといった不可逆的な変化をなすことがあります。とくに高齢者に多いのですが「骨折していない」と思っていても骨折していることもあります。

早めの受診が肝要です。

脱臼

脱臼とは、何らかの外力により骨と骨とをつないでいる関節が一時的にはずれてしまっている状態をいいます。肩や肘だけでなく、股関節や膝、顎といったおよそ関節のあるすべての箇所に生じる可能性があります。

また、脱臼すると関節がはずれてしまうので、関節が適切に動かなくなり固まってしまうこともあります。そのため脱臼した場合は、極力早期に関節を元に戻さなければいけません。

再発防止のためにも、手術治療後は定期的にリハビリを行うことをおすすめします。

打撲

打撲とは、体の一部分をどこかにぶつけるなどして生じる、いわゆる打ち身のことです。

打撲をすると皮下組織を傷つけるために、皮下で出血し内出血様となり腫れがでます。軽度であれば、時間の経過とともに落ち着いてきますが、関節周囲の打撲の場合は、固定を含めた治療が必要となることがあります。

関節というのはたいてい常に動いている場所であるため適切な固定と安静を保持しない限り、運動のたびに傷ついた組織が動かされることになります。放置すると関節拘縮となり、関節の柔軟な動きが失われてしまうこともあります。

やけど

やけど

やけどは、その面積と部位、および熱源にさらされた時間などにより3段階の重症度に分けられます。

1度熱傷は、皮膚の赤みとヒリヒリする感を伴う軽度のやけどで、水ぶくれができていない状態です。

2度熱傷は、さらに進んで火傷の部分に水ぶくれができた状態をいいます。

3度熱傷になると、神経部分まで損傷が進んだ状態になります。
皮膚が黒く炭化していたり、白く冷たくなって血のめぐりが悪かったりする状態です。神経が傷ついているので痛みは感じません。

やけどは受診前の適切な処置がなによりも大切です。
どのような受傷であっても、まずは流水などで20分以上冷やすようにしてください。
冷やした後は症状や受傷範囲に応じ受診を行ってください。

肉離れ

肉離れとは、急な動きを行ったために筋肉に負荷がかかり、筋繊維に損傷が生じた状態をいいます。
そのためハードルや短距離走といった瞬発力を競うスポーツ選手の間でしばしば生じます。肉離れの直後は冷却と固定を行います。

場合によっては消炎鎮痛剤などを使用します。その後、症状が落ち着いてきたら患部をストレッチングし筋肉の拘縮の予防をします。 治癒後は、再発予防のためにスポーツ前の適切なストレッチングを徹底するようにします。

関節リウマチ

関節リウマチは、免疫の異常のために手足の関節を中心に各関節が腫れたり痛んだりする病気です。
病気が進むと、痛みやこわばりを感じるだけでなく骨や軟骨が破壊されることもあります。初期は、なんとなくだるかったり微熱がでたりします。

寝起きに指がこわばることもあります。それから、手首や足首、膝といった全身の関節に症状が広がっていきます。こうした病気は、自己の免疫系統が誤って攻撃してしまうことで引き起こされる「自己免疫性疾患」とよばれています。

関節リウマチのほかにも、シェーグレン症候群や、全身性エリテマトーデスなども自己免疫性疾患の1つです。これまで治療が難しいとされてきましたが、生物学的製剤をはじめとする新しい薬剤の登場で、早期からの治療効果が見込まれる病気の一つになりました。

骨粗しょう症

骨粗しょう症

骨粗しょう症とは、いくつかの原因のために骨がもろくなり、ちょっとしたことでも骨折しやすくなってしまう病気です。骨というのは、日々新しく作り変えられています。このサイクルが崩れてしまい骨がスカスカになってしまった状態を骨粗しょう症といいます。

女性ホルモンとの関連が深いため、閉経後の女性に多く生じます。骨の状態は外からはわからないため、さまざまな方法で骨密度を調べます。カルシウムやビタミンDが足りていない場合は補充することが推奨されています。

高齢者に対しては、とにかく転倒に気をつけるよう指導する必要があります。

大和市 身体の痛み解消ガイド 監修:医療法人紅蘭会池田整形外科クリニック お気軽に問い合わせください 046-262-5788